家を売ることでかかるお金

家を売る場合、多くの人が「住宅ローン」が残った状態で売ることが多いです。せっかく家を売るのであれば、せめてローンの残りと同額でなければ借金だけが残ってしまいます。しかし、家を売ると、意外と多くのお金がかかります。ここではそれらを紹介します。

まずかかるのが収入印紙代です。これは家がいくらで売れたかにより払う金額は異なりますが、最大で8万円程度かかってしまいます。

次にかかるお金が、仲介手数料です。家を売る際に支払うお金としては、これがもっとも大きいことが多いです。「自分の家を売るのに、人にお金を払って売ってもらうなんておかしい」と思うかもしれませんが、やはり専門の資格を持っている方にお願いした方が家も高く売れますし、必要経費と考えましょう。

この仲介手数料ですが、上限が「取引価格×3%+6万円+消費税」と決まっています。決まっているのはあくまで上限額なので、これより下であればいくらでもよいわけですが、ほとんどの不動産会社が上限いっぱいの手数料を支払わなければなりません。

これらのお金に加えて、抵当権抹消登記費用や事務手数料、さらに多くの税金がかかります。しかし、この最後の「税金」というのはしっかり知っておかないと損をしてしまうことがあります。それをこちらの記事で説明します。

家を売るのは簡単ではない

人生では、大きなお金が動く場面がいくつかあります。結婚式やお葬式、はたまた家を買うときなどがそれに当たるでしょう。しかし、家は買うだけでなく売ることもあり、その際にも多くのお金が必要になることがあります。

「家を売る」ということを想像したことのない人は、「なぜ売るのにこちらがお金を払う必要があるのだろう」と思う方が多いでしょう。なぜお金を払う必要があるのか、それは家を売る方法に大きな関係があります。

普通の物の売買であれば、「売りたい!」という人と、「買いたい!」という人の意思が合致すれば、基本的には売買契約が成立します。(古物商などの免許が必要な場合もあります)

家しかし、家などの大きな物の売買になると、話はそう簡単ではありません。個人が勝手に売りたいと言って、買ってくれる人を探すことはできません。基本的には、不動産売買の「仲介人」という人たちに、自分の家をなるべく高く買ってもらえるようお願いすることになります。そうすると、その仲介人の方に支払う「仲介手数料」などが費用として発生します。具体的な額については後述しますが、そんなに安い額ではありません。

このように聞くと、家を売るということは、お金を大量に払わなければいけないことのように感じるかもしれませんが、実はそうではありません。不動産に限らず、このように大きなお金を払わなければならない時は、一定の条件のもと、「控除」の制度が定められているのが一般的です。

そこでこのサイトでは、家を売ることによって支払わなければならないお金や、控除できる金額について詳しく説明します。今まさに家を売ろうとしている方や、そうでなくとも今後もしもの時の役に立つような情報を届けられれば幸いです。